電磁駆動ダイヤフラム式定量ポンプ

 

MP-Lシリーズ(電磁駆動ダイヤフラム式定量ポンプ)

  

特徴

● フリー電源 AC100~230V 50/60 Hz
● デジタル表示パネルで簡単設定操作
● 3つの運転モードを標準装備

  ・マニュアル運転モード
  ・デジタル(パルス)運転モード
  ・アナログ入力運転モード

<標準タイプ(MP-L30P・60P・200P)>
●高耐蝕樹脂(PVDF)ヘッド採用
一般薬液だけでなく酸、アルカリにも対応する高機能樹脂PVDF(ポリフッ化ビニリデン)をポンプヘッドと継手に採用しています。
●手動エア抜き機構標準装備
ポンプを運転しながらでもエア抜きバルブを回すだけで接液部内のエアを簡単に抜くことができます。

<ノンガスロックタイプ(MP-L30N・60N)>
●次亜塩素酸ソーダ等気泡が発生する薬液注入に最適です。
●信頼の気泡排出機構
気泡が発生しやすい薬液でも接液部のエア抜き機構が自動で働き、ガスロックする事なく定量注入する事ができます。
●接液部内の液体の動きが見えるアクリルヘッド採用
ガスロック(エアロック)の発生や吐出状態を外部から確認できます。

用途

●水処理剤、酸、アルカリなどの薬液注入に
●理化学、医療分野での薬液注入に
●簡易水道、プールでの塩素滅菌用に
●ボイラー薬品の注入に
●水耕栽培や畜産現場での栄養剤や消毒剤注入に

ページのトップへ戻る